不動産投資の世界

不動産投資業界歴10年の知見を活かし、不動産投資のノウハウをブログで公開しています。

【買増し編第3弾!】注意点するべきポイント

最大の注意点は2つ

①無理は禁物

「買い増し」はタイミングを急いではダメです。
無理な「買い増し」は確実に損失を生むので、キチンと安定した利益が出てから「買い増し」を検討することが最も重要な事です。

始める方が増えている不動産投資!始める前の無料相談は【トウシェル】で!

②物件選び

買い増しで物件が融資を受けられる物件であるかどうかが重要です。

不動産は1棟であれ区分マンションであれ、価格は決して安くはありません。
初回で購入した不動産がたとえ利益が出ていたとしても、流石に2回目の不動産購入時はキャッシュで・・・という方は少ないでしょう。
大半の方は不動産投資ローンを組んでの購入だと思います。

不動産投資ローンを組んで購入する場合は、融資元(金融機関)の審査基準に物件の収益性や資産価値が重視されます。

そりゃそうですよね。
融資元(金融機関)も、貸したお金を回収しなければならないので、収益性や資産価値のない物件には、当然ですが融資はしてくれません。
なので価格だけを見るのではなく、高回転の物件を選ぶことも重要なのです。

初回購入に限らずですが、投資目的で不動産を購入する場合は長期間の高稼働がマストなので、物件のエリアは重要です。
不動産投資とは毎月の家賃収入を得られてナンボなので、たとえ新築物件を購入したとしても空室期間が長いと意味がありません。
しっかりエリアは抑えておくことが重要です!