不動産投資の世界

不動産投資業界歴10年の知見を活かし、不動産投資のノウハウをブログで公開しています。

1棟不動産

非公開物件は見逃し厳禁!

掲載されている物件が全てではない。 なぜ非公開物件があるのか? まとめ 掲載されている物件が全てではない。 店舗やサイトに公開されている物件は、その不動産会社が持っている情報の一部にすぎません。得ている情報の1割2割程度が公開物件で、8・9割…

【買増し編第3弾!】注意点するべきポイント

最大の注意点は2つ ①無理は禁物 ②物件選び 最大の注意点は2つ ①無理は禁物 「買い増し」はタイミングを急いではダメです。無理な「買い増し」は確実に損失を生むので、キチンと安定した利益が出てから「買い増し」を検討することが最も重要な事です。始め…

【買増し編第2弾!】メリット

大きく分けるとメリットは3つ ①リスク分散ができる ②キャッシュフローとキャピタルゲインで利益を上げる ③複利効果がある 大きく分けるとメリットは3つ ①リスク分散ができる②キャッシュフローとキャピタルゲインで利益を上げる③複利効果がある ①リスク分散…

そもそも、不動産の「買い増し」ってなに?

「買い増し」とは? 不動産投資は買い増しが必須なの? 参考までに 「買い増し」とは? 一言でいうと、保有する不動産を増やしていくことです。株式投資の場合、既に保有している銘柄の株を追加購入していきますが、不動産投資の場合は2棟3棟(又は2室3…

賃貸コンセプトと合わないローン事情

ドンドン登場する「激セマ物件」 厳しいローンの審査条件 ドンドン登場する「激セマ物件」 新宿では若年層をターゲットにした「激セマ物件」が流行っています。「絶大の人気を誇るエリア」で且つ「賃料7万円台の安さ」を考えると、築5年以上経っても恐らく…

中古物件のデメリット

デメリット ②売却が難しくなる ③修繕費(コスト)が発生し易い まとめ デメリット ①建物の残耐与年数が短くなる ②売却が難しくなる③修繕費(コスト)が発生し易い ①建物の残耐与年数が短くなる耐与年数とは、食品でいうところの賞味期限。中古は購入時点で築…

中古物件のメリット

メリット ①購入価格は割安で利回りが高いケースが多い ②「オーナーチェンジ」物件がある メリット ①購入価格は割安で利回りが高いケースが多い②「オーナーチェンジ」物件がある ①購入価格は割安で利回りが高いケースが多い 中古物件の購入価格は、新築物件に…

新築物件のメリット

新築と中古の違い 中古と新築、投資をするならどっちがお得? 1棟不動産のメリット ①建物の寿命が長い ②10年は修繕費用が抑えられる ③設備やセキュリティーが最新を導入している可能性が高い 区分マンションのメリット ①生命保険の代わりになる ②家賃保証付…

新築物件のデメリット

デメリット ①購入価格が高く利回りが低いケースが多い ②築年数が経つと相場家賃に戻る まとめ デメリット 何事も、良いことばかりではありませんね。しっかりデメリットも把握しておきましょう。 ①購入価格が高く利回りが低いケースが多い②築年数が経つと相…

投資用1棟不動産のデメリット

デメリットは必ずある デメリット ①初期費用が高額 ②運用コストが高額 ③売却が区分マンションほど容易ではない デメリットは必ずある 何度も言いますが、ノーリスクハイリターンな投資なんてないのです!大なり小なりデメリットは必ずあるので、これなら・・…

投資用1棟不動産の魅力

注意!! メリット ①自由度が高い ②空室をカバーできる ③融資が通り易い ④法人名義で購入できる ⑤早期リタイヤが見込める ⑥土地も所有できる 注意!! はじめに言っておきます。不動産投資が目的で1棟マンション・1棟アパートを購入するのは、ベテラン大家…

めんどうな管理業務はプロに任せよう!

賃貸管理業務はめんどくさい! 賃貸管理の業務内容はこんなにある 賃貸管理方法 ①自己管理 ②委託管理 ③サブリース 注意 賃貸管理業務はめんどくさい! 1棟マンション・アパートでも区分マンションでもビル・テナントでも、投資目的で不動産を所有するってこ…